未分類

医療レーザー脱毛痛みは軽くできる?痛みを軽くする方法を知っておくと楽になる!

投稿日:

クリニックのレーザー脱毛って痛いってよく聞くけど実際どうなの?
そうだね~個人差はあるけど痛みがあるって人が多い脱毛方法だよ!

医療レーザー脱毛は、エステ脱毛に比べると、機械のパワーが強いので、脱毛する時に痛みを伴いやすい脱毛方法です。

我慢できる痛みだったから特別痛いと感じることはなかった!

痛すぎて通うのが億劫になる・・

毛の濃いところが特に痛い・・

など、レーザー脱毛を受けて痛みをあまり感じない人もいれば、痛いと感じる人もいるのは事実です。

レーザー脱毛は、脱毛方法の中でも永久脱毛の効果を期待できて、少ない回数・期間で脱毛を完了させることができるので、レーザー脱毛で脱毛したいという人も多いなか、
痛みってどれくらい痛いの?
痛みを軽くする方法ってないの?
と痛みに関して気になっている人もいるかと思います。

今回は、医療レーザー脱毛の痛みに関する疑問と、痛みを軽くする方法について解説していきます。

医療レーザー脱毛どれくらいの痛みがあるの?

レーザー脱毛で痛みを感じるのは、個人差があります。

痛みをほとんど感じないという人もいれば、涙がでるほど痛いという人までそれぞれです。

痛いと感じる人がどんな痛みを感じている人は、例えが難しいのですが、「なんだか連続で熱で焼かれているような痛さ」を感じている人が多いです。

脱毛で痛みを感じる人には、痛みを感じてしまう共通している部分があります。

レーザー脱毛で痛みを感じるという人に共通している部分

毛質が濃い箇所を脱毛する場合

骨に近い部分を脱毛する場合

皮膚の薄い箇所を脱毛する場合

このような場合、少なからずレーザー脱毛で痛みが強くでてしまう可能性が高いのです。

毛質が濃くて、骨に近い部分、皮膚が薄い部分にあてはまる箇所がVIOです。

レーザー脱毛をして痛みがあった!と感じる人は、脱毛で痛みを感じる共通した点に全てあてはまる、VIOが特に多いのです。

医療レーザー脱毛で痛みをなるべく軽くする方法

医療レーザー脱毛は少ない回数、期間で脱毛できるといっても、1度脱毛してみて、痛みがあった場合、通う前からブルーな気持ちになって辛いですよね。

そんな時は、痛みをなるべく軽くできるように対策をしてみましょう。

対策方法は、クリニックで対策してもらう方法と、日常生活で対策する方法の2つがあります。

それではみていこう!

医療レーザー脱毛の痛みをクリニックで対策してもらう方法

クリニック側で脱毛の痛みを軽くしてもらうのには、3種類あります。

麻酔を使う

冷やしてもらう

レーザーの出力を下げてもらう

麻酔を使って痛みを軽くする

クリニックの麻酔で痛みを軽くする方法は、麻酔クリームと、笑気麻酔の2種類があります。

どちらの麻酔も、歯医者さんでするような注射でする方法ではないので、痛みを伴うことなく麻酔を使えるというとことがポイントです。

2000円~3000円ほどしますが、どうしても痛い!と思う脱毛箇所は、麻酔を利用して痛みを軽くしましょう。

麻酔クリーム
笑気麻酔

麻酔は人によって、効きやすい効きにくいがあります。

しかし、補助的に麻酔を使うことによって、精神的にリラックスすることができます。

何もしないよりは痛みが軽くなるので、医療レーザー脱毛で痛みが強くて我慢できないと思ったら、麻酔を試してみましょう。

冷やしてもら

医療レーザー脱毛は、冷却機能がついた機械を使っている場合がほとんどですが、それでも痛みを感じる場合は、保冷剤などで痛みがある部分を冷やしてもらいましょう。

脱毛の後、冷やすことで熱がなくなるので痛みを軽くすることができます。

冷やしてくれるかはクリニックによって対応の仕方は異なるので事前に確認してみてくださいね。

レーザーの出力を下げてもらう

麻酔は、脱毛前、冷やすということは、脱毛の後になってしまいます。

痛みがあるかどうかわからない、1回あててもらって我慢できない痛みだった!という場合は、レーザーの出力を弱めてもらうことが一番の解決策です。

クリニック側ではお手入れ毎に痛みがないかどうか確認してくれます。

痛すぎるという場合、レーザーの出力を弱めてもらうことによって、痛みをなるべく軽くすることもできるので、痛くて我慢できない場合は、出力を弱くできるということを思い出して痛いことをきちんと伝えましょう。

日常生活の過ごし方を変えて痛みを軽くする方法

脱毛の痛みは、日常生活の中でも軽くできる場合があります。

生理前や生理中は脱毛を控える

保湿対策をする

日焼けを避ける

上記3つは、痛みを軽くするだけではなく、効果を高める・トラブルにならないためにも日常生活では守っておきたいことばかりなものです。

生理前や生理中は脱毛を控える

生理前や生理中って、体がだるくなったり、眠気が強くなったり、肌荒れを引き起こしやすくなったりと、普段の生活とはちょっと違う体の変化がでてしまいますよね。

生理前や生理中は、ホルモンの影響で体が非常に不安定な状態になっています。

そんな体のコンディションが悪い状態で脱毛をしてしまうと、痛みを余計に感じやすくなってしまうので、生理前や生理中は脱毛を控えておきましょう。

保湿対策をする

お肌が乾燥している状態は、肌の水分量が足りておらず、肌を保護しているものが少なくなっていて、脱毛などの刺激が加わると、痛みが強くなってしまいます

「脱毛前に保湿しておけばいいや」の一時的な方法では、乾燥を防ぐことはできません。

顔と一緒くらい脱毛箇所は毎日保湿をしてあげて、乾燥しないお肌づくりをしてあげましょう。

日焼けを避ける

日焼けをしてしまうと、皮膚に熱がこもって皮膚の水分が蒸発しやすくなっていて乾燥しやすい状態を作ってしまいます

乾燥してしまうと、痛みが強くなってしまうので、乾燥の元になる日焼けを避けて日差しの強い季節は日焼け対策をばっちりしておきましょう。

まとめ

クリニック側で痛みを軽くしてもらう方法と、日常生活を少し気を使って過ごす方法で痛みを軽くする方法をご紹介しました。

痛みを全くなくすというのはできないのですが、痛みを軽くするだけでも、脱毛が億劫にならずに、精神的にも楽になるので試してみてくださいね。

医療レーザー脱毛は、他の脱毛方法に比べると、痛みがあったと意見の多い脱毛方法ですが、脱毛を繰り返していけば、毛も薄くなってくるので、痛みを感じにくくなってきます。

医療レーザー脱毛は、得られる効果が高いから、痛みとはうまく付き合って脱毛を完了させたいね!

-未分類

Copyright© Tropical脱毛 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.