未分類

知らないよりも知っておいた方がいい毛周期

投稿日:

脱毛は毛周期ごとに通うってよく聞くけど一体何?!

サロンやクリニックで脱毛のカウンセリングの際に、口頭で、「毛は毛周期という毛のサイクルがあり、それに沿って脱毛していきます」とか、「毛周期に沿って脱毛していきので、2~3ヶ月感覚で通う形になります」とか、脱毛に関する知識を交えながら説明されるのですが、口だけでその場で説明されても正直頭に入ってきませんよね。。

毛周期のことを知っておくと、理解しないまま脱毛に通うよりも、効果的に脱毛をすることができたり、無駄な回数を消化せずに通うことができるよ!
詳しく説明してほしい!

ということで、今回は、毛周期とは一体なんなのか、脱毛と毛周期にはどういった関係があるのか、知らないよりも知っておいた方がいい毛周期に関して解説していきます。

そもそも毛の仕組みとは一体なんなの?

毛周期を知る前にまずは、毛の仕組みについて知っておこう!

私たちの髪の毛を含む全ての毛には、毛を成長させて、毛を生やす役割のある「毛乳頭」と言われるものがあります。

さらに、毛乳頭の中には、「毛母細胞」と言われる毛の成長に必要な細胞があります。

毛乳頭と毛母細胞がある限り、毛を発生させて毛を成長させる種のようなものがあるため、毛は生えてきます。

クリニックで受けられる、医療レーザー脱毛も、エステで受けられる、光脱毛も、レーザーや光が黒い色の部分に吸収されるので、お肌にダメージを与えることなく毛乳頭とその中にある毛母細胞に刺激を与えます。

レーザー脱毛の場合は、出力が高く、毛母細胞を破壊させることができるので、永久脱毛の効果を期待できると言われています。

反対に、エステサロンの光脱毛は、出力が弱く、毛母細胞まで光が届きにくいので、毛質を柔らかくしたり、毛を少なくするといった効果を期待することができますが、永久脱毛の効果は期待できません。

なるほど!毛が生えてくる仕組みを利用して脱毛しているんだね。
そうそう!脱毛は、毛の仕組みを利用した脱毛方法なんだよ!

しかし、私たちに生えている毛は全て一緒というわけではなく、毛周期と言われる毛のサイクルによって毛の種類が違ってきます。

また、毛周期のどのサイクルの部分に光やレーザーがあたるかによって脱毛に効果のある毛と効果がでない毛とわかれてきます。

次は、毛周期についてみていきましょう!

毛周期とは一体なんなのか?

じゃあ毛周期って一体なんなの?
毛周期とは、毛が生えてくるサイクルのことで、毛周期によって脱毛の効果が左右されるよ!

私たちの毛には、目に見えている毛がずっと生えているわけではなく、一定の期間ごとに自然に抜けたり、生え変わったりというサイクルを繰り返しています。

この毛が生え変わるサイクルを「毛周期」と呼びます。

毛周期の種類は4つある

毛周期には、「休止期」・「成長期 前期」・「成長期 後期」・「退行期」の4つのサイクルがあり、成長期と言われるサイクルにあたる毛が最も脱毛に効果があるとされています。

どうして成長期の後期が一番脱毛効果があるの?
毛母細胞からしっかり毛が生えているのが、成長期の後期の毛だからだよ!
休止期
毛穴はあるが、毛が生えていない状態
この時期の毛は脱毛効果がない
成長期 前期
これから毛が生えてこようとしている
状態にあたる毛
この時期の毛は表面に毛が見えていたり
見えていなかったりするので脱毛効果は△

 

成長期 後期
毛母細胞からしっかり生え揃っている状態の毛
この時期の毛は最も脱毛効果を期待できる時期

 

退行期
毛が毛母細胞から離れて毛が自然に抜け
落ちようとしている毛
この時期の毛は脱毛効果がない

光やレーザー脱毛が効果を発揮するのは、毛乳頭からしっかり毛が生えていて、なおかつ皮膚の表面にでている毛です。

毛乳頭からしっかり生えて、皮膚の表面にでている毛は、毛を伝って毛乳頭や毛母細胞まで光やレーザーがあたるという仕組みなのです。

成長期前期の毛だと、これから毛が成長しようと、毛母細胞が細胞分裂を繰り返しながら、皮膚の表面にでようとしています。

皮膚の表面にでている毛と、まだでてきていない毛とまだらなので、成長期前期の毛は、効果がある場合とない場合がでてきてしまいます。

退行期の毛は、毛が皮膚の表面にはでてきていますが、毛の成長が終わりを迎えて、毛母細胞から完全に離れてしまっているので光やレーザーは毛母細胞まで行き渡らないので脱毛効果がありません。

休止期の毛は、毛母細胞は毛穴にありますが、毛が生えていない状態なので、光やレーザーをあてても毛母細胞まで行き渡らないので脱毛効果がないとありません。

成長期後期の毛は、毛母細胞から、しっかりと、皮膚の表面まで毛が生えているので、表面の毛を伝って、毛母細胞まで光やレーザーがあたるので、一番脱毛効果があるサイクルの時期なのです。

毛周期に合わせて脱毛すると効果的に脱毛できる

でも見た目だとどのサイクルにあたる毛なのかわからないよね。
そうだね。見分けはつかないけど、より脱毛効果を発揮する通い方はあるよ!

今生えている毛がどのサイクルにあたる毛なのかは、見た目では判断はできないのですが、全ての毛が生え揃った状態で脱毛のお手入れをすることが効果的です。

その理由は、ずばり生え揃っているからより多くの成長期の毛に光やレーザーがあたるからです。

少ししか生えていない毛だと皮膚の表面にでている毛が少ないので、生え揃っている毛よりも成長期の毛に光やレーザーがあたる確率は減ってしまいます。

毛が生え揃っていないにもかかわらず脱毛すると、生え揃っている状態よりも脱毛効果は半減してしまうので、生え揃って脱毛するよりも無駄に回数を消化してしまいます。

毛周期に合わせた脱毛に通う間隔は?

どれくらいの間隔を空けて脱毛に通うのがベストなの?
大体最初のうちは、1.5~2ヶ月のペースで通うといいよ!

毛が生え揃う期間は、人や脱毛する箇所によって異なりますが、平均で約2ヶ月で生え揃うと言われています。

カウンセリングで、2ヶ月に1回のペースで来店・来院してくださいと言われるのは、毛が生え揃って、より多くの成長期に光やレーザーを効果的にあてるためなのです!

私たちが目にしているムダ毛は、実は、全体の15~20パーセントしか目に見えていないと言われています。

それ以外のムダ毛は、皮膚の下で眠っているか、皮膚の下で成長しようとしています。

脱毛でムダ毛をなくすためには、繰り返して脱毛に通うことで徐々に減らしていくものなので、一度脱毛しても下に眠っている毛の方が多いので、すぐに生えてきます。

しかし、脱毛を繰り返していくうちに、段々と、毛が生え揃うスピードは遅くなってくるので、ある程度回数を重ねて、毛が生え揃う間隔が長くなったなと感じたら、お手入れの間隔も空けていきましょう!

医療レーザー脱毛のお手入れ間隔

医療レーザー脱毛は、一度、成長期の毛にレーザーがしっかりあたると、毛母細胞を破壊するので、少ない回数と期間で脱毛が完了させることができます。

平均すると、3回目から毛が生えてくるのが遅くなった!と実感できる回数になってきます。
そのため、1回~3回までは、2ヶ月置きに通って、3回目以降から3~4ヶ月、5回目以降は、半年ほど空けて通うのがベストとされています。

エステ脱毛のお手入れ間隔

エステ脱毛は、毛の成長を遅らせたり、毛を薄くさせる効果はありますが、レーザーよりも機械の出力が弱いので、
レーザー脱毛よりも、多くの回数と期間を必要とします。

個人差はありますが、大体6回目になると、毛が生えるスピードが遅くなったかも?と感じることができるので、1回~6回目までは、1.5ヶ月~2ヶ月のペースで通うのがベストとされています。
6回目以降は、様子を見ながら、2~3ヶ月のペースで通うのがベストです。

まとめ

知っておくと効果的に脱毛ができる毛周期のお話でした。

光やレーザー脱毛は、毛の仕組みや毛周期の仕組みを利用して作られた脱毛方法なので、毛周期に合わせた脱毛をすると、無駄な回数を消化せず、より脱毛効果を実感することができます。

毛周期と毛の仕組みがわかると脱毛の通い方がわかるね!
そうだね!何回も通っているのに効果がでてない!ってことにならないためにも、毛はちゃんと生え揃ってから脱毛に行かなきゃね!

毛の仕組みと毛周期と脱毛の関係性をを知っておくだけでも、知らないより何倍も賢く脱毛に通うことができるので、頭の片隅にでもちょこっと置いといてくださいね。

-未分類

Copyright© Tropical脱毛 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.