未分類

毛が濃くなる原因?!ムダ毛の自己処理間違った方法でやっていませんか?

投稿日:

旅行前や普段、自分でムダ毛処理を行う際はどのような方法で自己処理してる?
私は、カミソリで自己処理してる!

大体、カミソリや毛抜き、除毛クリームの3つのタイプにわかれるかと思います。

しかしこの3つの自己処理の方法は全部肌に負担をかけてしまっていることはご存じでしょうか?

そ、そうなの!?

肌に負担をかけるムダ毛の自己処理を続けることは、肌を傷つけてしまうだけではなく、肌を守ろうと毛が濃くなってしまう原因となってしまいます。

今回は、3つのタイプの自己処理の危険性と、なるべく肌に負担をかけない自己処理の方法についてお話していきたいと思います。

カミソリで自己処理する方法が危険な理由

カミソリでの自己処理は、お風呂場でささっと短時間で済む手軽さで、誰もが経験してことのある自己処理の方法だと思います。

しかし、カミソリでのシェービングによる自己処理は、お肌に負担のかかりやすい処理方法です。

カミソリで自己処理する際、お肌に直接シェービングすると、肌に傷がつきやすくなります。

これは、肌の表面まで削ってしまっているからなんです。

カミソリによる自己処理方法は、肌を水に濡らして、ボディーソープでワンクッションおいてからカミソリで自己処理するかと思います。

しかし、ボディーソープでワンクッションおいてカミソリで自己処理すると、毛があまり見えなくなってしまうのでまあまあ力を入れて自己処理をしてしまうので、知らず知らずのうちに肌の表面を削ってしまいますし、ボディーソープが足りないところにカミソリを誤ってあててしまうと、肌を傷つけてしまいます。

肌の表面を傷つけるカミソリの自己処理は、ムダ毛以外にも、肌の表面まで剃ってしまうので、ニキビのような赤みがでてしまったり、擦り傷のような傷にもなってしまったり、肌が乾燥してしまったりなど、様々な肌トラブルの原因となっています。

カミソリでの自己処理は誰でも簡単で手軽にできる故に、知らない人も多いですが、肌を傷つける自己処理方法だということは頭に入れておきましょう。

カミソリでよく自己処理してるから気をつける><

毛抜きで自己処理する方法が危険な理由

カミソリの次に多い自己処理の方法は、毛抜きでムダ毛を抜く方法です。

毛質が濃い方だと、カミソリでは黒いブツブツの見た目が気になって、毛根から抜くことのできる毛抜きを使って自己処理をしている方もいるかと思います。

また、カミソリで自己処理が甘かった部分を毛抜きで抜くダブル使いで自己処理をしている方もいるかと思います。

毛抜きで抜くと表面がチクチクしないからたまに抜いてしまってるかも><

しかし、毛抜きで自己処理をする方法は、肌を確実に傷つけます

毛抜きでムダ毛を抜く際、スルッと抜ける毛と、ぶちんと切れるような痛みを伴う毛があるのを毛抜きでムダ毛処理をしている方は、だれでも経験したことがあるかと思います。

毛には、毛周期と呼ばれる毛が生え変わるサイクルがあります。

目に見えている毛は、成長期と退行期とよばれる2種類にわけられるのですが、見た目上は、どれが成長期の毛で、どれが退行期の毛なのかは見分けがつきません。

退行期とよばれる毛は、毛の成長が終わり、抜け落ちようとしている毛なので、退行期の毛を毛抜きで抜いた場合は、スルッとぬけます。

しかし、成長期とよばれる毛は、毛細血管と繋がっていて、毛細血管から栄養を送られながら成長している毛なのでこの成長期の部分の毛を毛抜きで抜いてしまうと、ぶちんっと毛が切れるような感覚で抜けてしまいます。

絶賛成長中の成長期の毛を無理やり抜いてしまうと、痛みがありますし、炎症の原因、肌が鳥肌みたいになったり、毛の生えるサイクルを狂わせたりと肌によくないことばかりです

埋もれ毛の原因にもなってしまうよ!

毛抜きで毛を抜く方法は、無理やり毛を引きちぎっている自己処理方法なので、肌への負担がとても高い自己処理方法なのです。

除毛クリームで自己処理する方法が危険な理由

ドラッグストアで手に入れることができる除毛クリーム。

除毛クリームは、アルカリ性の薬剤でできたもので、タンパク質でできている毛を溶かして除毛するクリームのことです。

毛のみに、除毛クリームを塗るわけではなく、周辺の肌にもクリームを塗って使用します。

お肌も、ムダ毛と同じタンパク質でできているので、除毛クリームは、お肌に刺激を与えて、ダメージを与える可能性があります。

脱毛をするわけではなく、一時的に除毛するだけにすぎないので、すぐに毛が生えてきてしまいます。

昔除毛クリームを使って自己処理をしたことがあるけど、思ったより除毛できず、まだらになってしまったり、除毛できた部分も2~3日、毛が濃いところなんて1日ほどで生えてきたことある。

1000円~3000円ほどする除毛クリームですが、コストがかかる割にそこまでムダ毛のケアができるものでなかいのでおすすめできないといったところが率直な意見です。

結局ムダ毛を自己処理するなら何がいいの?

ムダ毛を自己処理する方法で一番おすすめなのが、電気シェーバーです!

肌が乾いた状態で使えるので、肌に優しいところがおすすめポイントです。

脱毛サロンに行った時のシェービングサービスも電気シェーバーを使っているよ!

脱毛サロンでもシェービングは電気シェーバーなのでお肌に優しい自己処理方法なのです。

お値段も、1000~3000円代で購入することができて、自身でシェーバーの手入れをすれば何度も繰り返して使えるコスパが高いところもおすすめな理由です。

比較的安価に購入することができるので、衛生的な面を考えて、顔・体用、VIO用とわけて使うことをおすすめします。

まとめ

間違った方法でムダ毛の自己処理をしてしまうと、知らず知らずの内にお肌を傷つけてしまう要因となってしまいます。

一番いいのは、自己処理をしないことなのですが、それはそれで困りますよね。

自己処理を減らす一番の方法は脱毛をすることです!

脱毛を繰り返しすることで、段々と自己処理の回数が減ってきて、お肌を傷つける要因がなくなるので、お肌も綺麗になるし、ムダ毛も減らすことができます。

なるべく早めに脱毛を開始して自己処理から開放された日常生活を送りましょう!

-未分類

Copyright© Tropical脱毛 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.